インハンド 第3話のネタバレ、感想、ゲスト、動画について

2019春ドラマ

【放送】
4/26(金)
TBS系 毎週金曜日夜22:00~放送

【出演者】
主演:山下智久・・・紐倉哲役
濱田岳・・・・・・・高家春馬役
菜々緒・・・・・・・牧野巴役
光石研・・・・・・・網野肇役

ゲスト出演
観月ありさ・・・・・瀬見まきこ
松本若菜・・・・・・瀬見みきこ
米本学仁・・・・・・小林千治
菜葉菜・・・・・・・陣内志保

主題歌・オープニングテーマ
曲名:CHANGE
歌手:山下智久

『インハンド』4/26(金) #3 天才科学者vs元恩師! 仲間に命の危機が迫る【TBS】
出典:TBS公式

インハンド 第3話のあらすじ、ネタバレ

第3話
ベニクラゲを高家(濱田岳)に発注したらミズクラゲが届き、イラ立つ紐倉(山下智久)。ベニクラゲは今美容業界で注目され不老不死の生物と言われていると話した。

紐倉と高家はパナシアンビューティー本社で、CEOの瀬見まきこ(観月ありさ)の話を聞いていた。ベニクラゲは生体になると赤ん坊に戻るというループを繰り返す不老不死の生き物で、ベニクラゲが分泌するテロメラーゼが永遠に繰り返す細胞分裂の源だと説明した。まきこ自身もアンチエイジングのテロメラーゼ治療をして52才でもこの美貌だと説明し自身の免許証を映し出した。会場がどよめく。

まきこはアンチエイジングではなく不老不死が最終地点だと話した。

スピーチの途中流暢に話していたが途切れそうになる。なんとか持ち直し説明会を終えた。

会場の出口では説明会の参加者が商品を買い求め殺到していた。まきこは紐倉の大学時代の先生であった。まきこの事を12年前から変わっていない。むしろ若返っていると高家に話し、関係者専用の部屋へ勝手に入っていった。

受付で止められ強行突破を試むが副社長の鈴木に阻まれる。高家が紐倉を引っ張り出し事なきを得た。入口に戻ると牧野(菜々緒)と鉢合う。説明会を聞きたくさん商品を買っているようだった。

牧野は調査で来ていると告げた。複数のパナシアンビューティーの会員が認知症になり。SMルームで取り扱うことにしたと説明した。パナシアンビューティーの上級会員4人がまきこと同じ治療を受けて認知症に似た症状を発症したことがわかっており、紐倉に協力してほしいと告げると。紐倉「断る」、高家「やります」と同時に答えた。

高家はパナシアンビューティーが勧める代理出産事業に貧困層を苦しめる闇の深いビジネスだと怒りを覚えていた。すると紐倉がまきこには妹で優秀な助手みきこ(松本若菜)がいたと話し回想する。紐倉は何かみきこの過去を知っているようだった。紐倉は気が変わった、この調査に参加すると告げた。パナシアンビューティーが出している助成金につけ込む為、明日までにホルモンについての論文を書くという紐倉。

副社長鈴木の張り込みをする牧野、誰かと商談をしていたが揉めてる様子だった。研究所では紐倉が論文を考え、言葉にし、これを高家が英語でまとめていた。調査結果を偽造する内容であったが高家は協力した。高家は紐倉と関わることで考え方を変え始めていた。

高家がまきこについて聞くと。12年前は二人とも良い研究者だったと話し始める。大学時代、研究室で二人でベニクラゲを研究していること、みきこがウェルナー症候群であること聞いた。

ウェルナー症候群とは通常よりも早く年をとる早老症の一種で世界で見つかっている3,000件の内60%が日本人という奇病だった。恐らくみきこも亡くなっているだろうと話した。

SMルームでは鈴木と揉めていた人物が特定された。国際的な人体ブローカー小林千治であった。そしてもう一つやっかいな情報が手に入ったと網野(光石研)から写真を受け取るとそこには小林と紐倉が2ショットで写っていた。

宣言通り1日で論文を完成させパナシアンビューティーに送るとまきことのアポイントを取り付けることが出来た。研究所で牧野が紐倉に小林との接点を聞くと知らないと答えた。念を押す牧野に、聞いた事も見たこともないと告げた。

パナシアンビューティーに到着すると高家が博士としてまきこに説明し繋ぎ留め、紐倉が潜入、調査をする作戦が発表される。逆がいいかと問う紐倉にこのままでいいと告げる高家。まきこが迎えにくると作戦が開始された。

社長室にたどり着く紐倉。鍵のかかった引き出しをピッキングで開ける。まきこと高家が話しているのを鈴木が発見し、説明会に乗り込んできた二人組の一人であることを思い出す。社長室にせまる鈴木。引き出しから書類を取り出し確認する紐倉。物音を察知して隠れる。鈴木が部屋に入ってくると同時に入れ違いで飛び出した。

追いかける鈴木と社員を振り払い逃げる紐倉。携帯で高家に逃げろとメッセージを送信するが、先にまきこの元に鈴木から報告が入る。高家はそのまま拉致されてしまった。

研究データを牧野に渡す紐倉。高家から電話が入り出るとまきこだった。自身が紐倉哲であると告げると、覚えていないと言った。書類と高家が交換だと言われるが紐倉の方から電話を切ってしまった。高家を助ける様子を見せない紐倉に牧野はやっぱり最低だと言い車に飛び乗った。

高家は上級会員専用の施術室に縛り付けられていた。周りの様子を伺い、輸血用ストックが多くあるのを見て全てを察した。SMルームでは紐倉が入手した書類から上級会員が美容目的で違法の輸血治療を行っていたことを結論付けた。高家は診察台に縛り付けられ血を抜かれていた。

一旦研究所に戻ったが思い直しある人物を訪ねる。すると中から人体ブローカーの小林が出てくる。助手が捕まったので上級会員が集まる屋敷の場所が知りたいというと、小林教えられないと断る。すると、紐倉は取引をしようと不敵にほほ笑んだ。

小林の建物を内閣府の捜査員が取り囲む。すると小林が脇から出てきて間一髪スクーターで逃げて行った。

屋敷では高家がすでに2リットルの血を抜かれて意識が朦朧としていた。すると突然火災報知器が鳴り響く。入口から紐倉が入ってくる。倉庫に火を放ち堂々と侵入してきた。襲い掛かってきた鈴木を階段から突き落とし高家とまきこのもとにたどり着く。

まきこは紐倉のことを覚えていない様子だった。大学時代の話をしてようやくまきこが思い出すと今すぐに血液検査をするべきだと話し。まきこがクロイツフェルト・ヤコブ病の可能性が高いことを告げた。

クロイツフェルト・ヤコブ病とは認知症に似ているが発症すれば確実に死に至る病。上級会員全員がヤコブ病だと告げた。海外から仕入れた血液にヤコブ病の血液が混じっていてそれがわかり小林との取引を停止したのでは?と説明した。

屋敷から逃げようとするまきこに死が怖いのか?と聞く紐倉。死が怖いから不老不死の研究をしたというまきこに。それが間違っているんだよ先生と諭すように話始める。不老不死になると進化が止まってしまい環境の変化に耐えられず絶滅する。進化には死ぬことも老いることも必要だと説明した。

紐倉はみきこから言われた言葉をまきこに告げた。早老症が進み白髪交じりのみきこから自分のことは忘れてほしい。いまを生きる人たちには前を向いて生きてほしいと言われたこと、みきこの願いは忘れてほしい事だとまきこに告げた。

僕たちは失ったモノを受け入れて、それでも生きていくしかない。まきこの事も、みきこのことも忘れます。と告げ高家を救出した。牧野が屋敷に到着すると高家を紐倉が担いで出てきた。高家は救急車で運ばれていった。牧野が紐倉に何故を小林に捜査が入ることをリークしたのかと告げると。ああいう小悪党は泳がせておいた方がいいと不敵に笑った。

事件が解決し研究室に平穏が戻る。義肢装具士の陣内志保(菜葉菜)が研究所を訪ねてくる。パソコンと接続してロボットハンドのチェックをする陣内。睡眠薬は足りているのかという質問に紐倉は問題ないと答える。部屋の外では心配そうに高家が聞き耳を立てていた。SMルームでは御子柴(藤森慎吾)が牧野に紐倉が過去にアメリカ陸軍と揉めてCDCをクビになったことを報告した。

インハンド 第3話のネタバレ、感想

瀬見姉妹それぞれの思い

まきこはみきこがウェルナー症候群(早老症)で亡くなったことにより、老いに対して恐怖心、コンプレックスを持ち輸血治療を行うことによって美貌を維持していました。輸血により認知症と同じ症状が出るヤコブ病にかかり、結果的にみきこの願いである、忘れてほしいという思いを叶えていたのはとても皮肉です。

結局高家を助ける紐倉

高家が拉致されたにも関わらず研究所に戻る紐倉でしたが、研究所で少し考え。人間の感情とは面倒なものだと言い高家を救出しに行きます。高家の100年先を見る様にしているという発言もありましたし。二人の絆が少しずつ生まれてきています。拉致された高家に何やってんだバカと言い放つ山Pも最高でした!

アメリカ陸軍との確執

ドラマの終盤でSMルーム御子柴から報告で紐倉は過去にアメリカ陸軍と揉めてCDCを始めとする様々な機関を追われたことがわかりました。回想シーンでは英語で紐倉にお前が憎いと言っていました。一体どんな過去を抱えているのでしょう!?

インハンド 第3話 世間の反応 SNS、Twitter、Instagram

論文を考えると2時間動かないようです。

原作とドラマ、両方を評価しています。

現代でも問題になっているようです。

インハンド 第3話のゲスト、注目俳優

松本若菜さん

出典:トリプルエー

今回の黒幕瀬見まきこの早老症の妹みきこを演じた松本若菜さん。

高校生の時に奈美悦子さんにスカウトされた事がきっかけとなり芸能界入り。2007年「仮面ライダー電王」で本格ドラマデビュー。その後2017年に公開された映画「愚行録」が高く評価され第39回ヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞しました。話題の俳優さんです。

インハンド 第4話 予告

自殺させる病原菌!?紐倉の過去を知る人物が現れる

『インハンド』5/3(金) #4 自殺させる病原体が発生!? 追いつめられた天才科学者【TBS】
出典:TBS公式

インハンド 第3話 まとめ

みきこがウェルナー症候群(早老症)で亡くなった後、まきこはベニクラゲの研究を辞め、若者の血を輸血して若さを保つという修羅の道へと進みました。しかし紐倉と再会して、僕たちは失ったモノを受け入れて、それでも生きていくしかない。という言葉で目を覚まし救われたのかもしれません。一方紐倉、高家の関係も良くなっているようです。紐倉の事を考え先回りして資料集めをする高家。なんだかんだ高家を必要とする紐倉。今後もデコボココンビの活躍に期待です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました