集団左遷!! 第1話のネタバレ、感想、ゲスト、動画について

2019春ドラマ

【放送】
4/21(日)スタート
TBS系 毎週日曜日夜21:00~放送
(初回25分拡大)

【出演者】
主演:福山雅治・・・片岡洋役
香川照之・・・・・・真山徹役
神木隆之介・・・・・滝川晃司役
市村正親・・・・・・藤田秀樹役
三上博史・・・・・・横山輝生役
中村アン・・・・・・木田美恵子役
井之脇海・・・・・・平正樹役
貫地谷しほり・・・・ナレーション

ゲスト出演
平山浩行・・・・・・米山貢次役
LiLiCo・・・・・・・クラブのママ役
ベンガル・・・・・・鶴田公房 社長

主題歌
曲名:俺たちの明日
歌手:エレファントカシマシ

エレファントカシマシ – 俺たちの明日
出典:elekashiofficial
[新ドラマ] 4/21(日)スタート『集団左遷!!』いざ、平成最後の下克上だ。【TBS】
出典:TBS公式

集団左遷!! 第1話のあらすじ、ネタバレ

第1話
三友銀行北中野支店のオープニングセレモニーを仕切る片岡(福山雅治)。無事セレモニーが始まると片岡のもとに人事部から呼び出しを受けた。支店長の辞令を受ける片岡。前蒲田支店長が急に辞めてしまった為、すぐにでも行ってほしいと言われた。

本部会議では常務取締役の横山(三上博史)が人員削減の実績を発表していた。今年も順調にコスト削減が出来たので、来年も蒲田支店を含めた12店舗を廃店候補にしていると発表した。頭取の藤田(市村正親)が大昭和系が多くないかと言われ、大昭和、三友関係なくルールに基づいて選出していると話す横山。

ナレーション
三友銀行は12年前に地銀の大昭和銀行を吸収合併した。その二年後に起きた2008年のリーマンショックにより金融業界全体の収益が悪化し徹底した合理化へ方針を切り替えた。キャッシュレスや無人店舗の導入が進む中、三友銀行は今後5年間で15,000人の人員削減を発表していた。特に元大昭和銀行支店の廃店が多く周囲では大昭和潰しではないかと囁かれていた。そして現在頭取の藤田も大昭和出身であった。

藤田の異議は認められず多数決で廃店候補が決定した。

全国支店長会議が行われていた。就任式が壇上で行われ、頭取から順々に辞令と半期目標を渡いている。片岡の番が来ると頭取から「半期の目標さえクリアすれば、蒲田支店の未来が見えてくる」と言われた。何のことか分からず、半期目標を開けるとそこには純増100億円と記されていた。

廃店候補の新支店長を別室に呼び出す横山。半期目標が達成出来ない場合は廃店となると告げた。あせる一堂に横山は、何もしなくていい、頑張る必要はないと言う。他の支店長からどういう事かと言われると経営難から人員はどんどん削減する必要がある。現在8万人いる行員の半分の人員で運営が出来ると話した。

店舗は廃店し、人員は削減しないという方法はないのかと聞く片岡。横山は蒲田支店が無くなり人材もいなくなれば年間10憶円のコストカットが出来ると説明した。これは三友銀行が生き残る為の身を切る改革だから、皆さんは目標に向けて頑張らなくていいと改めて説明した。頑張るのが仕事ではないのかと呟く片岡に、支店長として何もしないで頂きたいと強調した。この廃店が成功した暁には支店長の身の保証を約束すると告げた。

片岡は蒲田支店配属前に事の真相を同僚で営業部次長の梅原(尾身としのり)に話していた。蒲田は旧大昭和の本店なのに廃店かと話し、自身も出向が決まったと告げた。

支店に到着すると気合を入れる片岡。8時にインターフォンを押すと副支店長の真山(香川照之)が招き入れた。片岡が自己紹介をしようとすると遮り、片岡が出身の三友系と違い大昭和系は時間が緩やかだと話し始めた。出社時間も8時30分までに入ればいいことになっていると告げた。周りを見渡すと真山以外誰も出社していなかった。

朝礼で半期目標は話すよう言われると、100億円が頭をよぎり、いきなり目標を伝えるのはと躊躇する片岡に、では何もしないおつもりですか?と問われ動揺する。朝礼の話しです。と釘を刺された。

朝礼が始まると行員が片岡を色眼鏡で見ているようであった。片岡が話始めると同時に1本の電話が鳴る。木田(中村アン)が電話に出ると大事な話だと片岡に告げる。これから支店長の挨拶だから後にしなさいという副支店長真山に「YCSが夜逃げしました」と全員に聞こえる様に言うと。行員全員が動き出した。

YCSの融資額は5,000万円、代表の米山の個人口座にあった3,500万円も引き落とされていた。
保証も入っておらず、前支店長枠で無担保で決済した案件だった。急いでこの人を探さないとと言いかけ、横山の「何もしないで頂きたい」という言葉を思い出す。

思いなおし、代表の米山を見つける為に現場に向かう。全員がバタバタしている中、くつろいでコーヒーを飲む滝川(神木隆之介)をつかまえて、YCSまで案内させることにした。

会社に行くと担当の平(井之脇海)と合流。すでに荷物は運びだされ先を越されていた。米山の自宅に向かうがやはり不在だった。前支店長と連絡を取り合う為人事部に電話していると、同時に真山から2日後に臨店があると連絡が入った。

ナレーション
臨店とは各支店の融資状況が正しく行われているか本部が3日間かけて融資状況のチェック、減点処置を行う「臨店調査」のことである。

本部では蒲田の支店のトラブルの報告を受けて臨店の手配をしたと報告する横山。横山による仕組まれた嫌がらせであった。

平がまとめたリストを一軒一軒回る片岡と平。成果なく2人が帰ると、臨店の際に本部に出す接待弁当で揉めている様子を見た片岡は危機感の無さに呆れる。平からは他の行員は蒲田支店は元大昭和の本店だからとアグラをかいていると聞かされていた。

明日もう一日米山を探してみるという片山に、そんなに頑張らなくていいんじゃないかと言う真山。耳を疑う片山に再度そんなに頑張らなくてもいいんじゃないかと念を押すと、では定時なのでと帰っていった。

片岡は夜の10時に一旦家に戻り、着替えるとすぐさま銀行に戻っていった。銀行では滝川が鶴田公房というファイルから書類を1枚引き抜いていた。後ろから声を掛けた片岡に驚きそそくさと去って行った。

ふとんの北山に出向になった梅原から電話がくる。臨店の話をすると、横山からの半期目標と本部の臨店は無関係だから、臨店は臨店で乗り越えないといけないという梅原にピンときた片岡は、そういう事なら絶対に米山を見つけてやる!と決意を固めた。

どこかのマンションからゴルフバックを宅急便で発送する米山。不敵な笑みを浮かべていた。

臨店まであと一日、平の数多くあったリストはあと3件になっていた。死にたいと口癖の様に言う平にそんなこと言うな、捜査を諦めるなと刑事の様な励ましをした。再度米山の会社を訪れると中から物音がした。中に入るとクラブのママ(LILICO)が米山に付けを踏み倒されたと同様に米山の行方を追っていた。クラブという言葉にひらめいた片岡はママにいつも指名していた女性はいないかと聞いた?

マンションの地下駐車場から女性と外出しようとする米山。片岡と平が声を掛けると、慌てて車に飛び乗り女性を置きざりにし車を急発進させる、片岡は運転席のトビラにしがみついたが、地上に出る寸前で振り落とされた。クラブの女性から昨日発送したゴルフクラブの発送票が渡された。真山に連絡し、臨店が始まるギリギリまでYCSの事故報告をしないで欲しいと告げた。大丈夫なのかと聞く真山にギリギリまで足掻いてみると言い電話を切る。真山は神妙な面持ちで蒲田総合病院に入って行った。

臨店当日の早朝、片岡と平は米山が訪れるはずのゴルフ場を張っていた。蒲田支店では臨店の準備に追われていた。米山が受付で届けたキャディバックを受け取ると、片岡と平が声を掛ける。逃げようとする米山と揉み合いになり。お土産の陳列棚に片岡と米山が倒れこんだ。

検査部次長の鮫島(小手伸也)を先頭に臨店を担当する本部の行員が到着すると額に絆創膏を張った片岡が出迎えた。臨店が始まり、YCSのファイルに回収の印が押されていることに驚く鮫島。片岡に確認すると今朝回収したと説明した。

一列に並んだ蒲田支店のメンバーの元に戻ると真山から良く回収できましたねと言われ。ゴルフバックの発送票でピンときたと説明。これは頑張ったほうがいいんじゃないかと思ったと話す片岡に、頑張ったほうがいい?と真山が聞き返すと何でもないと流した。

トイレで鮫島とすれ違う片岡。何もしなくていいと言われたのでは?と言う鮫島。YCSの件は横山に報告したと言われ、YCSと臨店が繋がっていたことに気づき激しく後悔をする 。

臨店初日後半、スタッフからファイルの確認を求められる鮫島、何かを発見した様子だった。臨店2日目は何事もなく終了する。

臨店最終日、延滞の報告書が一枚見つからなったと鮫島から報告を受ける蒲田支店営業部の面々。鶴田公房のファイルを滝川に投げつけ融資を全額回収してくるよう告げ立ち去ろうとした。今全額回収したら鶴田公房は潰れてしまうという滝川に、それはそれで仕方ないと言い放った。食い下がる滝川を蒲田支店のメンバーが止めに入る。鮫島は片岡に今度は判断を間違えないようにと言って支店を去って言った。

夜遅くまで滝川が残っていたことを思い出し、抜き取ったのかと聞くと滝川は何も言わず部屋を出て行った。次から次に起こる問題に片山は混乱していた。

片岡が鶴田公房に向かうと滝川が工場の手伝いをしていた。今回の回収について社長と奥様に説明をする片岡。延滞をしてしまったのは社長が手に怪我を負ってしまった為であった。

鶴田公房を出ると、本部に戻りたいなら鶴田公房は諦めろという片岡に、本部は関係ない。蒲田支店に配属されて初めての担当が鶴田公房で思い入れがあると説明する滝川。そんな滝川の様子を見て片岡思わず、支店統括部に知り合いがいるから掛け合ってみると言ってしまった。横山の言葉を思い出し再び後悔する片岡。

次の日、本部に掛け合う片岡と滝川。支店統括部部長で、片岡の元上司の宿利(酒向芳)に相談を持ち掛けた。大口である五郎丸商会が手を引いている以上難しいという宿利に、五郎丸商会との取引再開で再検討が可能だと考え滝川が一人飛び出していった。

残された片岡に宿利は余計なことはしないほうがいいんじゃないかと忠告し部屋を出て行った。帰り際に入口で横山とすれ違う。三友銀行の為に迷いは捨てろと念を押した。エレベーターに乗った横山は宿利に確認の電話を入れていた。

臨店のお疲れ会で居酒屋で酒を交わす片岡、木田、花沢(高橋和也)。滝川について何か出来ないかと話す3人。一方、滝川は五郎丸商会と鶴田公房を往復していた。自宅で板挟みで悩んでいる片岡を見て妻のかおり(八木亜希子)が下を大事にしなさいと言う。

次の日、真山からずっとはぐらかしていた半期目標について迫られる。片岡は観念し営業部全員を集めるよう指示した。全員に純増100億円という半期目標を提示する。現実味の無い、あまりに高い目標に具体的にどのようにしていくのか問う真山に片岡が、今は滝川のことを全員でどうにかしないかと提案する。頑張っている滝川をどうにしかしてやりたいという片岡。

すると真山が頑張らなくていいんじゃなかったのか?片岡は本部から蒲田支店を廃店にするために配属されたのではないかと?と全員に聞こえるように、伝わるように話す。片岡は観念して全てのことを説明する。ここで鶴田公房を救うことは本部に逆らうことになる。本部に逆らわないほうが良い、未来の為に今を諦めろという真山に何も言い返せず考えさせてほしいと伝えた。

19時に料亭で横山主催の廃店候補の支店長を集めた食事会が行われると宿利から連絡が入る。同じころ鶴田公房に入ってくる滝川、五郎丸商会から良い返事がもらえたと報告すると社長からまだ何も聞いていないのかと言われた。

料亭で食事会が始まった。片岡も会に出席していた。滝川からの電話で席を外す。鶴田公房の融資は通ったが蒲田支店の前に羽田支店で融資が決定していた。廃店後に統合予定の羽田支店で融資が決定したことに出来レースだと怒りをぶつける滝川。結果的に鶴田公房が救われたならいいと言い電話を切った。

宿利の表情から全て横山の指示だと察した片岡。怒りでこぶしが震えていた。食事会に戻ると、滝川の件、臨店の件を横山にぶつける。12店舗の廃店は決定事項だと告げる横山の前にひざまずき、目標を達成したら蒲田支店の廃店を無くしてほしいと土下座をする。横山はノルマ不達成の時は片岡の身も保証しないという条件を突きつける。これを了承すると片岡は食事会から飛び出していった。

横山は誰かの留守電にまた蒲田支店で何かあったら連絡してくるよう。あなたの身は保証するとメッセージを残していた。

集団左遷!! 第1話のネタバレ、感想、推理、予想

真山は蒲田支店の味方なのか敵なのか!?

片岡が横山の命を受けて蒲田支店に着任したことを知っていて、全員に暴露しました。そして最後のシーンで大雨に打たれる片岡を不敵な笑みを浮かべて眺めていました。

片岡は蒲田支店をひとつにできるのか!?

真山が暴露し、100億円の方針も示せず、かといって行員の身を守るとも言わなかった片岡に蒲田支店は崩壊寸前の状況です。横山に目標をやり切ると宣言した片岡の次週以降の頑張りに注目です!

内通者は誰なのか!?

YSCから臨店への流れ、ドラマ終盤の横山の電話から蒲田支店に内通者がいることは明白です。今のところ真山の線が一番強いのではないでしょうか!?

集団左遷!! 第1話世間の反応 SNS、Twitter、Instagram

片岡、福山雅治さんの豊かな表情、顔芸に注目が集まってます。

エキストラの方の投稿でしょうか!?

常務取締役横山を演じる三上博史さんにも注目が集まってます

集団左遷!! 第1話のゲスト、注目俳優

井之脇海さん

出典:ユマニテ

大河ドラマ「平清盛」、「おんな城主 直虎」朝ドラ「ごちそうさん」、「ひよっこ
」と俳優の階段を順調に進み、昨年の「義母と娘のブルース 」で一気にブレイクしました。今年は重要役を演じる「ザ・ファブル」、主演の「言葉のいらない愛」と公開が控えています。

集団左遷!!では現代の若者代表といった役どころでしょうか。片山と分かり合い蒲田支店を救うメンバーの一人に早くなってもらいたいです!

集団左遷!! 第2話 予告

奇跡の下克上の始まり! 本部からの嫌がらせとは!?

『集団左遷!!』4/28(日) #2 本部からの報復!? 銀行員としての正義とは?【TBS】
出典:TBS公式

集団左遷!! 第1話 まとめ

本部と支店メンバーの間に挟まれ葛藤する片山を描いた第一話でした。蒲田支店のメンバーから今のところ総スカンの状態ですが、本部、横山に逆らった以上は蒲田支店が一丸となって目標を達成しないといけません!どのように回りを巻き込んでいくのか注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました