インハンド 第1話のネタバレ、感想、ゲスト、動画について

2019春ドラマ

【放送】
4/12(金)
TBS系 毎週金曜日夜22:00~放送
(初回15分拡大)

【出演者】
主演:山下智久・・・紐倉哲役
濱田岳・・・・・・・高家春馬役
菜々緒・・・・・・・牧野巴役

ゲスト出演
風間杜夫・・・・・・江里口新役
相島一之・・・・・・倉井雄一役
正名僕蔵・・・・・・黒野秀之役

主題歌
    
オープニングテーマ
曲名:CHANGE
歌手:山下智久

挿入歌
不明
※現在調査中

[新ドラマ]『インハンド』4/12(金)スタート!! 突然襲う謎の「感染症」最新科学がもたらす難事件!!【TBS】
出典:TBS公式

インハンド 第1話のあらすじ、ネタバレ

第一話
ジャングルの中でフィールドワークをする紐倉哲(山下智久)生い茂った草木をロボットハンドの義手でかき分けていくと、ゾウの群れが現れる。「野生の象にむやみに近づいてはいけない」という案内人の注意を聞かずに躊躇なく近づく紐倉。すると一頭のゾウが紐倉に近づいてくる。大きな鼻が伸びあがり紐倉に振り下ろされると思いきや、ゾウの鼻はロボットハンドの中におさまりまるですり寄っているようであった。以前の寄生虫調査での出会いをお互い覚えているようであった。

高家春馬(濱田岳)が務める台田総合病院に急患が運ばれる。原因不明の心筋梗塞患者が2名運ばれていた。高家は目が大きく腫れる2人の症状からシャーガス病を疑い医院長黒野(正名僕蔵)に報告するが、黒野はまだシャーガス病と決めつけるには早いと保留する。結果運ばれてきた2名は亡くなってしまうのであった。

牧野巴(菜々緒)は外務省から内閣官房サイエンスメディカル対策室、通称SMルームに配属となった。SMルームは科学が進化したことによる未知の脅威を対処する国家機関。配属早々、告発状が届く、台田総合病院では複数の患者がシャーガス病にかかって死亡しており、病院側が隠蔽しているという告発であった。早く結果を残し2年で外務省に戻ることを考えている牧野はこの案件を担当すると上司である網野(光石研)に申し出る。網野はこれを了承し、紐倉研究所の紐倉を訪ねるよう伝える。

熱海にある研究所を訪れる牧野。重々しい扉が開くと広大な敷地に驚く。巨大なゾウガメや色鮮やかな鳥など敷地内には様々な動物が共生しているようであった。紐倉がいる研究室に入ると黄金のニシキヘビを顕微鏡で調査している最中であった。紐倉のクセの強そうな言動に不信感を持つ牧野であったが、シャーガス病が国内で発生している可能性があることを伝える。すると紐倉が急に興味を示しシャーガス病の解説を始める。

シャーガス病とはサシガネという吸血昆虫を媒介して発症する病気で、サシガネに吸血される際にトリパノソーマという寄生虫に感染し、トリパノソーマが心臓を肥大させていずれ死に至るという奇病である。トリパノソーマを持ったサシガネが日本ではいない為、自然に国内で発症することはまず考えられないという。

シャーガス病の調査に協力してほしいという要請をあっさり断られるが、牧野は交換条件として現在失効している紐倉のパスポートの再発行を約束する。紐倉は渋々引き受けると早速台田総合病院に向かう。

病院に到着すると白衣に着替え臆することなく院内に入っていく。院内を捜索していると、シャーガス病のカルテを発見する。そこに高家が現れ侵入していたことがバレてしまう。急患の連絡が入り、電話をする高家の表情からシャーガス病の患者が運ばれてきたことを直感する紐倉。高家に患者の血液を渡すように言うが、これを固辞する。一連のやりとりから告発状を出したのが高家だとわかった紐倉は、ここで止めないとシャーガス病が広がりとんでもないことになる。血液を提供できるのは高家しかいないと説得する。

急患「オケヤノボル」の血液を入手して研究所に戻り調査すると、血中からトリパノソーマが発見され、シャーガス病を確信する。しかし国内でトリパノソーマを媒介するサシガネは発見されていない。すると、牧野が「オケヤノボル」という名前からある事件を思い出す。10年前にオケヤ食品は「チチクチオイル」という美容品を商品内にトリパノソーマが入っていることを知らずに販売。購入者が次々とシャーガス病を発症し賠償金、社会的制裁などを受けオケヤ食品は倒産していた。オケヤノボルはオケヤ食品の社長であった。さらにその前に死亡した2人を調べると、全員が「チチクチオイル」の関係者であった。

紐倉、牧野、高家の3人は10年前のシャーガス病の事件で娘を亡くした江里口のもとを訪れていた。江里口の娘は子供のころから重度のアレルギーが発症して、肌がボロボロになっていた。そんな中アレルギーに効くと話題になっていた「チチクチオイル」に手を出しシャーガス病を発症して、その症状に耐えられず自ら命を絶っていた。

「チチクチオイル」の宣伝文句はこのオイルが取れる地方ではアレルギー発症者が圧倒的に少ないということをうたっていたが、江里口は娘の死後、その地方でアレルギーが発生しないのは現地では社会が発達していない為、細菌や寄生虫と人間が共生をしている為、アレルギーを発症していない。逆に日本が社会が発達して衛生的になり、細菌や寄生虫と共生していないので人間が弱くなりアレルギーを発症するのだと説明。そんなことも知らずに発売した、オケヤ食品やそれに特保認定をした厚労省を許さないと憎んでいた。紐倉は江里口の話す「衛生仮設」に関心するもどこか引っかかる様子であった。

江里口の自宅を出た3人。牧野のもとに網野から電話が入る。事の顛末を説明すると。明日報告会があるのでそれまでに情報をまとめてほしいと言われる。3人は分かれると紐倉は一人で江里口の自宅に戻り庭を捜査する。

次の日、報告会に出席する網野、牧野が作成した報告書を発表しようとした時、突然厚労省事務次官倉井(相島一之)が入ってくる。真相は台田総合病院勤務医師による血液交換によるねつ造と結論づけて強制的に終了させた。

厚労省トップからお達しがきたことによりこれ以上の捜査を打ち切られた牧野。オケヤの血液を取り出す監視カメラの画像を血液をすり替えたとねつ造され病院をクビになった高家は紐倉の研究室で打ちひしがれていた。そんな二人に紐倉は事件の真相、犯人がわかったと告げる。

タクシーで移動する倉井、突然タクシーが停車すると運転手は江里口だった。突然倉井に銃を向けると銃口から何か液体のようなものが倉井の顔面にかかる。

紐倉は一人で江里口の自宅に戻り捜査したときに、庭にサトウキビを栽培しているのを発見する。自宅で一人でサトウキビを育てるのに違和感を持ち、サトウキビはサシガネの栄養分の為に育てていること。サシガネを使って一連の事件を起こしていると推理した。

紐倉と高家は江里口の自宅を捜索すると庭の奥にある小屋で隠し実験室とサシガネを発見する。紐倉は実験室でサシガネからオイルを抽出し、このオイルがシャーガス病を引きおこすと結論付ける。二人の背後から何者かが忍び寄り、スタンガンで一撃。二人は失神してしまう。目を覚ますと。二人の目の前に椅子に縛り付けられた倉井がいた。

倉井にいままでの恨みをぶつけながらオイルを浴びせる江里口。紐倉は後ろ手に縛られていたがロボットハンドを外して脱出、高家のテープも切ると、高家はオイルのバケツを蹴飛ばして、犯行やめるよう説得。しかしこの説得を受け入れない江里口に対して紐倉は、そもそもの考え方が間違っていると話始める。恨むべきは、オケヤ食品でもチチクチオイルでも厚労省でもなく、シャーガス病であること。ひいては娘を苦しめたアレルギーであること。

もともと医者でも学者でもない江里口がここまで研究したことは普通の人が出来ることではなく。あなたなら娘のアレルギーを治す薬を開発することだって出来るかもしれないと。この言葉に説得された江里口は犯行をやめ倉井を開放した。

後日、江里口は逮捕され、倉井は厚労省を退職したものの、退職金6,000万円を受け取り天下りしたことを牧野はSMチームに聞かされる。一方高家は職を失い土手に寝そべり途方に暮れていた。そこに紐倉が現れ、前職の2倍の給料で助手として雇ってやると上から目線で雇用を告げる。上から目線の物言いに一度は断ったものの、荷物をまとめて紐倉の事務所に訪れる高家。紐倉、高家が学者、助手として正式にタッグと組むのであった。

インハンド 第1話のネタバレ、感想

1.山Pが演じる変人天才学者紐倉哲

常に上から目線の物言いで、東大法学部主席で卒業の牧野でさえバカ呼ばわり。
腕を組みロボットハンドの人差し指がこめかみをトントンと叩くポーズが印象的です。
山Pはひとつひとつのポーズがとってもセクシーです。

出典:映画.com

2.心に刺さるセリフ!

劇中に出てくる心に刺さるおしゃれなセリフが印象的でした。

紐倉のセリフ
・人間は感情の奴隷だ
・未来は僕たちの手の中にある

牧野のセリフ
Everybody’s talking about peace, but nobody does anything about it in a peaceful way.
(和訳)みんな平和について語るけど、誰もそれを平和的な方法でやってないんだ。

3.紐倉、牧野、高家の関係性

現時点では超ドSの紐倉、Sの牧野、ドMな高家といった感じで。
紐倉>牧野>高家という力関係のようです。助手となった高家は今後も紐倉に振り回されることでしょう。

インハンド 第1話世間の反応 SNS、Twitter、Instagram

原作にも注目が集まっています

紐倉の研究所内から様々な動物が登場しますね

サイエンス・メディカル対策チーム

インハンド 第1話のゲスト、注目俳優

菜々緒さん

出典:公式twitter

いまや、ドラマや映画に引っ張りだこの菜々緒さん。レースクイーンからモデル、俳優へと華麗に転身しています。

悪役のイメージが強い菜々緒さんですが、今回は正義感の強い官僚役を演じます。上昇志向の塊のような牧野巴に注目です!

第2話 予告

次回は「ハートランドウィルス」に立ち向かいます!

『インハンド』4/19(金) #2 驚異的なスピードで拡がる感染…原因は一体!?【TBS】

まとめ

山P演じる天才科学者紐倉哲が美人官僚牧野(菜々緒)と助手となった高家(濱田岳)とともに未知なる病気に立ち向かう医療ミステリー。第一話ではバラバラだった3人がチームになるための話という感じでしたね。

なぜロボットハンドなのか?広大な研究所の謎など、今後回収されるであろう伏線がたくさんある「インハンド」に注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました