インハンド 第8話の見逃し配信、ネタバレについて

2019春ドラマ

【放送】
5/31(金)
TBS系 毎週金曜日夜22:00~放送

【出演者】
主演:山下智久・・・紐倉哲役
濱田岳・・・・・・・高家春馬役
菜々緒・・・・・・・牧野巴役

インハンド 第8話 見逃し配信

TVer

Paravi

インハンド 第8話のネタバレ

紐倉の研究所にSMルームのメンバー訪れた。御子柴から呪いのポスターのことを聞かされた紐倉は現地に赴き、ポスターについた赤い液体を調べると、細菌であることがわかった。

牧野は何かあると睨み網野の指示を無視して、独自で操作することにした。

牧野がキガシマホールディングスの自殺した跡継ぎ候補の直継の部屋を調べていると、経産省の官僚とかち合った。

網野からも正式に指示が出て、キガシマとの案件は経産省とSMルームの一騎打ちとなった。

経産省のアドバイザーには紐倉の大学時代の同期の遠藤が付いていた。

キガシマの会長、園川に話を聞くと直継の地毛は赤毛であることがわかった。

遠藤に話を聞くと、キガシマ、園川家の遺伝について調べていることがわかった。

キガシマの創始者の出身地は「鬼伝説」がある上之宝島であった。

牧野が調べると、直継は生前ヒトゲノム関連の会社に多く出資していることがわかった。

遠藤は紐倉の研究所で全てを話した。遠藤は直継から上之宝島の家系の血について調べてほしいと依頼されていた。調査の結果、直継と創始者の遺伝子型が一致していた。そのことで悩み、苦しみ直継は自殺した。

紐倉と高家は会長の園川に遺伝子の話をすると、創始者の赤い髪は鬼の血だとして、遺伝を呪った。

すると紐倉は考えが古いとして、園川を連れ出した。子供の絵画コンクールに連れて行くと真っ赤な髪をした直継の息子、歩夢がいることがわかった。

紐倉は人間を形成するのは遺伝子だけではなく、遺伝子と環境だと園川に話した。

紐倉はセラチア菌を撒いたのは遠藤だということを突き止めた。事件すべて終わり、遠藤からものすごい長文のメールが届き最後に感謝の言葉がつづられていた。

インハンド 第8話の詳細、メディア、SNS情報はこちらから

インハンド 第8話のネタバレ、感想、ゲスト、動画について

コメント

タイトルとURLをコピーしました