わたし、定時で帰ります。 第6話の見逃し配信、ネタバレ、再放送について

2019春ドラマ

5/21(火)
TBS系 毎週火曜日夜22:00~放送

【出演者】
主演:吉高由里子・・・・東山結衣役
向井理・・・・・・・・・種田晃太郎役

わたし、定時で帰ります。 第6話の見逃し配信、再放送

TVer

Paravi

わたし、定時で帰ります。 第6話のネタバレ

社内では晃太朗の独立のウワサで持ち切りだった。

新規案件のディレクターに来栖が立候補し、晃太朗は来栖にディレクターを任せた。

晃太朗は元同僚の大貫から共同経営者としての独立を誘われていた。しかし福永のことを思い気持ちは揺れていた。

結衣は晃太朗と2人きりになったチャンスで独立を聞いたが、まだ決めていないと答えた。

ディレクターとして空回りしている来栖に晃太朗は色々と口出しをしていた。来栖はそのことに不満を持っていた。

福永は晃太朗と飲んでいる席に大貫を呼んで、遠回しに独立について釘を刺した。

結衣と巧は新居に引越しをして同棲の新生活が始まった。

晃太朗は実家に帰ると愁と顔を合わせた。晃太朗は家に引きこもる愁に就職を進めた。気持ちが分かり合えず愁は晃太朗に掴みかかり過呼吸を起こした。

新規案件の提案をディレクターである来栖が話すものの、担当者に受け入れられず、途中で晃太朗が全て仕切ってしまった。

晃太朗は提案が終わり、言い訳を繰り返す来栖を叱りつけた。らしくない言動をしていると晃太朗に告げ、結衣は愁と連絡を取っていることも告白した。

次の日、社内の打ち合わせで話の中心が晃太朗にいき、来栖の不満が爆発した。

途中でミーティングを投げ出した来栖に結衣と八重は叱りつけることなく説得して諭した。

野球場の観客ベンチで一人考え込む晃太朗を結衣が見つけ、気負わず、もっと気楽にすればいいと告げた。

次の日の朝、来栖は晃太朗に謝罪をすると、笑顔で許した。

昼食でたまたま隣の席になった結衣と晃太朗。独立のことを聞くと、断ったと告げた。

結衣と晃太朗は上海飯店に訪れた。すると後から晃太朗がふらっと入ってきた。

わたし、定時で帰ります。 第6話の詳細、メディア、SNS情報について

わたし、定時で帰ります。 第6話のネタバレ、感想、ゲストについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました