ストロベリーナイト・サーガ 第6話のネタバレ、感想、ゲスト、動画について

2019春ドラマ

【放送】
5/16(木)
フジテレビ系 毎週木曜日夜22:00~放送

【出演者】
主演:二階堂ふみ・・姫川玲子役
主演:亀梨和也・・・菊田和男役
江口洋介・・・・・・勝俣健作役
今野浩喜・・・・・・井岡博満役
葉山奨之・・・・・・葉山則之役

ゲスト出演
今井悠貴・・・・・・峰岡重樹役
黒沢あすか・・・・・峰岡里美役
塩崎忍・・・・・・・ヒロ役
横田美紀・・・・・・小野彩香役
市川貴之・・・・・・菅沼久志役

主題歌
曲名:Rain
歌手:亀梨和也 
    
オープニングテーマ
曲名:VIOLATION*
歌手:ロイ-RoE-

ロイ-RöE-「VIOLATION*」ティザー映像 フジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」オープニングテーマ
出典:ロイ -RoE- oFFICIAL
【公式】「ストロベリーナイト・サーガ」#6予告 60秒バージョン
出典:フジテレビ公式

前回の「ストロベリーナイト・サーガ」を見逃した方はコチラ

ストロベリーナイト・サーガ 第5話のあらすじ、ネタバレ

ストロベリーナイト・サーガ 第6話のあらすじ、ネタバレ

今泉春男(山口馬木也)が連続刺傷事件の捜査命令を伝えに来た。被害者は三人。計画的犯行なのか、通り魔によるものなのか定かではないが、“通り魔”という言葉を耳にした瞬間、葉山則之(葉山奨之)の身に緊張が走る。というのも、葉山には小学生時代、目の前で家庭教師の有田麗子(新実芹菜)を通り魔に殺されるという過去があったのだ。事件解明を託された姫川班の面々は、上本所署に赴き、担当係長の越野忠光(田中啓三)から詳しい現状を聞く。
ストロベリーナイト・サーガストロベリーナイト・サーガ
容疑者が最初に刃物で襲った峰岡里美(黒沢あすか)は、数カ所刺されて通行中の菅沼久志(市川貴之)、小野彩香(横田美紀)に助けを求める。二人は会社の同僚で、昼食を食べた店から出てきた所だった。峰岡と同様に二人は容疑者に切りつけられ、菅沼は頸部に損傷を受けたため失血死してしまう。その後、容疑者は自殺を図って意識不明の重体となってしまったため、身元の特定や犯行動機が困難になっていた。
ストロベリーナイト・サーガストロベリーナイト・サーガ
葉山は真剣な表情で「小野彩香を当たらせて欲しい」と姫川玲子(二階堂ふみ)に懇願する。ただならぬ思いを感じ取った姫川は葉山の申し出を許可。事件解明に向け、それぞれの捜査が動き出す。

出典:Fuji Television Network, inc. All rights reserved.

ストロベリーナイト・サーガ 第6話の配信情報

ストロベリーナイト・サーガ 第6話の見逃し配信、ネタバレについて

コンフィデンスマンJP

ストロベリーナイト・サーガ 第6話のネタバレ、感想

悲しき過去が原因で起きた事件

弟ヒロを死なせてしまったというトラウマを一人で抱えて生きていた重樹は、母親を探し出し、ヒロが死んだのは重樹のせいではないと言って欲しかった。しかし返ってきた言葉は気味悪いの一言でした。その言葉で犯行を決意し、母親を殺し自分も死ぬことで弟に償おうとしました。結果母親と自分は生き残り関係のない通りがかりの人物を殺してしまいました。

トラウマを告白することで乗り越えた葉山

被害者の尾崎に寄り添い、自身のトラウマを告白したことで尾崎の心が開きました。事件解決に大きく前進する、重樹が犯行時にヒロ君と言っていたという証言をもらうことが出来ました。

姫川が抱える心の闇

事件が解決するも、すっきりしない姫川。菊田にせめて母親が死んでいればよかったと思う自分自身がいると話し、私には心の闇があると言うと、菊田は闇は知らないがそれ以外の良い部分はたくさん知っていると話し、姫川の負担を少し減らした。

ストロベリーナイト・サーガ 第6話 世間の反応 SNS、Twitter、Instagram

今回もスッキリしないモヤモヤとした最後でした

犯人に手を差し伸べた姫川はどんな感情なのでしょうか

そうです!竹内結子さんの夫の中林大樹さんです!

ストロベリーナイト・サーガ 第6話のゲスト、注目俳優

今井悠貴さん

出典:ORICON NEWS

3歳のときに劇団に入り、2005年、5才の時に「元カレ」でドラマデビュー。その後も子役として多くのドラマ、映画に出演しました。

2019年は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」の出演で話題になりました。

ストロベリーナイト・サーガ 第7話 予告

インビジブルレイン
復習、隠蔽、密告、謎の男。ストロベリーナイト・サーガ 第二章突入!

【公式】「ストロベリーナイト・サーガ」#7予告 60秒バージョン
出典:フジテレビ公式

ストロベリーナイト・サーガ 第6話 まとめ

親子の怨恨から母親を殺して、自身も自殺をする予定だったが、2人は生き残り関係のない人物を巻き込み殺してしまったという真相でした。
被害者の母親に同情できるのは父親である交際相手から見捨てられたというほんのわずかで、ネグレクトで弟を死なせ、兄の重樹も捨て関係のない素振りで暮らしている母親は許せないという気持ちになりました。姫川が話していたせめて母親が死んでいればというのは不謹慎であるが理解できました。次回から第二章に突入です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました